肌荒れの原因は色々とあると思いますが、その一つにストレスもあります。

ストレスが原因の肌荒れについてここでは見ていきましょう。

■思春期ではないのにニキビ
思春期にニキビができることは、思春期特有のことですので、仕方がないと思ってもいいかもしれませんが、思春期でもないのに、まだニキビが出来ているという人、これは、ストレスからくる吹き出物やニキビかもしれません。肌荒れ、ニキビの原因の一つとしてストレスがあることは知っている人もきっと多いかもしれませんが、ストレスといっても色々と人によって違いがありますよね。

■なぜストレスによって肌荒れが起きるのか
なぜストレスがかかると肌荒れができてしまうのか、そのメカニズムはなんなのでしょうか。精神的なストレスが掛かることによってニキビが出来やすくなるのですが、これは自律神経が関係しているかもしれません。自律神経がストレスによって働きが弱くなると、血液の流れが悪くなります。その結果、肌にしっかりと栄養素が届かないことになります。それによって肌荒れが起きることもあるのです。またその問題とは別問題で、ストレスにより消化器症状も出現し、胃腸が荒れることが、そのまま肌に影響を与えるということもあります。

■ストレスは精神的だけではない
ストレスと聞くと精神的なストレスを一番にイメージしてしまう人は多いですが、実際科学的なストレッサーが原因の場合もあります。例えば空気があまりよくない場所に住む、タバコなど有害物質を取り入れている、刺激が強い肌に合わない化粧品を愛用しているといったことで肌荒れ、ニキビが発症することもあります。精神的なこと、科学的なことの原因の両方に共通している対処法としては、とにかく、原因を取り除きましょう。原因となっているストレスを取り除くことが大事です。ストレス状態が続けばそれだけ常に肌荒れは維持されることになりますので、ストレスをできるだけ感じないようにする、または、ストレスにさらされたとしても対処できるような、力をつけるなどする必要があります。そのためには睡眠とバランスの良い食事を取ることも大事なことです。スキンケアに力を入れがちになる人がいるのですがスキンケアよりも、根本的な原因を対処することが重要です。

ストレスによる肌あれを対処するための方法は色々とありますが、解決策としては、根本的な原因を解消しなければ何の解決にもならないということを理解しておきましょう。

未分類