肌荒れは顔のどこに出来ても目立つかもしれません。

顔の中でもとくに頬の肌荒れは目立つので、なんとか対処したいですよね。

■頬の肌荒れはホルモンバランスと関係
できる部位によって原因が違っていると言われているのですが、頬の肌荒れはホルモンのバランスと関係していると言われています。頬の肌荒れは特に食べ物と関係しているので、食べ物によって内蔵がバランスを崩しているから、頬の肌荒れが起きているのではないかと考えられています。肌荒れといっても原因はいろいろでしょう。皮脂が不足している、洗顔をし過ぎている、ホルモンのバランスが崩れている、乾燥しているなどさまざまな原因があるかと思いますが、実は内蔵が原因の肌荒れは気をつけなければいけません。食べ物に注意をしなければスキンケアをしていたとしても改善されないのです。

■肌は内蔵の鏡と言われている
肌というのは内蔵の鏡と言われているのですが聞いたことはありますか?内蔵が乱れていると肌も荒れるというのが肌と内蔵の関係ということです。肌、特に頬に、肌荒れが目立ってきたので、スキンケアの方法を変えるとか、皮膚科へ行ったとしても肌荒れが治らない人は、もしかするとその肌荒れは、肌そのもののトラブルではなくて、内蔵が関係しているかもしれません。内蔵が関係している場合には、内蔵を整える必要がありますので、食生活の見直しが必要となるでしょう。

■こんな経験はありませんか?
例えばですが暴飲暴食が続いたあとは肌荒れがしてしまう、甘いものばかり食べていたら肌荒れが出てきたなど、こうした食生活に関係している肌荒れの経験がある人もいるでしょう。胃に負担が掛かることが原因で肌荒れになることもありますので、十分に注意する必要があるのです。その場合に、頬や口の周辺に吹き出物ができる、乾燥するといった症状が出るようです。内蔵と一言でいっても、いろいろな内蔵がありますが、肌荒れと関係しているのは、特に胃、肝臓であるとのことです。胃の場合には少し消化のいいものを食べるなどして、胃を休ませることで落ち着いてくるでしょう。しかし肝臓が悪い場合には肝機能低下で様々な不調が他にも出てきますし、自然治癒は考えられませんので治療を受ける必要があるでしょう。

肌荒れの原因は、肌のトラブルだけでなく、内蔵が関係していることもありますので、食生活を見直したり、内蔵そのものの治療を受けるなどしなければいけないこともあります。

未分類