20代、30代とほうれい線の原因について考えてみます!

ほうれい線は20代、30代でも出来ます。
いくら肌の状態が若くて良い環境を保っていても慢心は禁物です。
ほうれい線はさまざまな原因から深く目立つようになりますから、若いからと言って油断していてはいけないのです。

では若い年齢層でもほうれい線が出来るのはなぜなのでしょうか。

ほうれい線は普段の習慣に左右されてできる

普段の生活の中で口をへの字にする癖がある人は、年齢に関係なくほうれい線が出来やすく、深くなりやすい傾向があります。
鏡の前で口をへの字にしてみるとわかりますが、口角を下げる動きなので、ほうれい線を呼び寄せているようなものです。

既に癖になっている人は、真顔の時でもへの字になっていることが多いので、ほうれい線の出来やすさや深さは加速していくばかりです。
周囲にも良い印象を与えませんので、こうした癖がある人は意識して改善する必要があります。

笑っている?笑わない人もほうれい線が出来やすい

年齢に関係なく、普段からあまり笑顔を見せない人はほうれい線が出来やすくなります。
笑うことでほほの筋肉も鍛えられますので、あまり笑わない人はほほの筋肉を衰えさせてしまいます。

笑う方がほうれい線が出来やすくなるのではないかと思う人もいますが、それは反対です。
前述したように筋肉を鍛える動作になるので、普段から素敵な笑顔を作るようにした方がメリットが大きくなります。

厚化粧も要注意

ほうれい線と言うのは年齢に関係なく浅い状態でも誰にでもあります。
そこに厚化粧をしてしまうと、会話や笑った時にファンデーションがひび割れてしまい、ほうれい線が目立つようになります。

本来のほうれい線の状態よりもくっきりとひび割れが目立つので、より一層ほうれい線が深くなっているように見えてしまいますから、厚化粧をしたくなる気持ちはわかりますが、ほどほどに抑えるのも良い方法です。

ほうれい線はたるみにも関係しています

年齢が若くても顔がたるんでいるとほうれい線は出来やすくなります。
しかも目立ちやすくほうれい線が深くなっているように見えます。
顔に付着した皮下脂肪は重力に従って下垂していきますから、適度な運動をしたり、エクササイズやマッサージをしてシェイプアップする事も重要です。

年齢が若くてもほうれい線ができます

加齢の象徴としてほうれい線があるような認識をしている人もいるようですが、若くても上記のような状態ならほうれい線は目立つようになり、深くなって行きます。

[PR]
グルコサミン サプリ おすすめ